読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとなく生きる

日常のちょっとしたこと

Youtuberが近々大粛清される理由を論理的に説明してみる

f:id:koun0000:20170404111947p:plain
最近、各方面で話題になっている「Youtuber(ユーチューバー)」。

 

Youtubeに動画をアップして再生回数を稼いでお金を稼ぐという方法ですね。
最近では、これがエスカレートして動画をきっかけに逮捕されてしまうような事件も出てきています。

 

このYoutuberですが、子供が将来なりたい職業の上位にきたりしているそうですが、
「こんなのあと数年で終わるでしょ?」
といった意見はわりと多いようです。

 

ただ、こういった意見は稼げてない人の嫉妬だろ?と思われたりすることも多いようですね。

 

このYoutuberですが、今後完全になくなることはなさそうですが、
おそらく大幅に粛清されてガラッと様変わりするでしょう。
(すでにチャンネル削除祭りが始まっているようですが・・・)

 

なぜそうなるのか、という点について論理的に説明してみます。
(感情論ではなしに)

 

そのお金はどこからきているの?

まず、ほとんどのYoutuberは、もらっているお金がいったいどこから来ているのか分かっていないと思われます。

 

「そんなのYoutubeGoogle)からに決まってんじゃん」
と答えそうですが、残念ながらそれは正解ではありません。

 

そもそも、なぜ動画が再生されるだけでお金になるのでしょうか?

 

答えは簡単で、
動画に広告が表示されるから
ですね。

 

Youtubeの動画に広告を表示するために、広告主(企業など)が広告費としてお金をGoogleに払っています。
YoutubeGoogleの子会社で、広告のシステムはAdsenseというGoogleのサービスなので以後Googleと書きますね)

 

まあつまり、Youtuberがもらっているお金は企業が払った広告費の一部をもらっている、ということになります。

 

あなたの動画に広告を載せたいと思いますか?

企業の広告として、今でも大きいのはテレビCMでしょう。
企業はイメージをかなり重要視しますので、ある番組にCMを出す場合、
その番組がどんな内容なのかも検討し、内容がそぐわないものの場合はCMを出さなくなることがあります。
(スポンサーが降りるとも言いますね)

 

さて、Youtuberがアップする動画に話を変えますと、
とにかく再生回数が多いほどお金になりますので、いかにして再生回数を増やすか、
という傾向になっています。

 

そのため、内容がだんだんとエスカレートしていき、過激な内容になっていきます。
そして、ほとんど犯罪すれすれのものや、実際に犯罪として逮捕される人まで出てくるわけですね。

また、最初から炎上狙いで動画を作っている人もいるでしょう。

 

さて、こんな炎上狙いの動画に広告を表示したい企業があるでしょうか?
犯罪行為の動画がアップされ、そこに表示されていた広告の企業のイメージはよくなるでしょうか?

 

広告を出している企業からすると、そんな動画に広告を表示してほしくないはずです。
(しかもお金がかかってますから)

 

以前にまったく同じ状況があった

広告を出している企業が気に入らないとして、それで何でYoutuberの粛清になるの?
と思う人もいるかと思います。

 

実は、現在のYoutuberの現状。
以前にほぼ同じ状況がありました。

 

Webサイトやブログに広告を表示してお金を稼ぐという「Adsense」ですね。
(もちろん今でも存在します)

 

Adsenseも、大きく稼ぐにはサイトのアクセス数を増やす必要があります。
そこで、当時はアクセス数を増やすことのみを考え、内容が乏しいものや、広告を表示するのにふさわしくないサイトも増えました。
(ここまで、Youtuberの状況とそっくりですね)

 

その後、どうなったのか。

 

まず広告主からGoogleにクレームが増えました。
こんなサイトに広告を表示してほしくない、という内容ですね。
(実際に広告費を出しても売り上げにつながらないという問題でもあります)

 

その後、GoogleAdsenseのアカウント削除祭りを敢行します。
当時かなりのアカウントがなくなりました。

 

ある日突然、Googleから1通のメールがきて、
規約違反をしているのでアカウントは削除しました。以後Adsenseは使用できません。
という内容です。

 

細かい理由も反論もできません。突然にすべてが0になります。
(今では事前に警告や修正依頼がくるようになっています)

 

現在のYoutuberをとりまく状況は、このAdsenseの状況とそっくりです。
おそらく広告主からのクレームもきているはず。

 

となると、粛清が始まるのも時間の問題かもしれません。

 

すでに海外では・・・

この流れですが、すでに海外では始まっています。

Youtubeに広告を出稿していた大手代理店が撤退しました。

原因は似たような話で、問題ある動画に広告をのせたくないというもの。

(ただ、海外は炎上というよりもヘイト動画が原因のようですが)

 

つまり、もう広告主からのクレームはかなり出ていると考えられますね。

 

Googleも売り上げが減りますので、何らかの対策をとるはず。

Xデーはすぐそこかもしれません。

大粛清の後も生き残るには

おそらくYoutuberが完全に消えてなくなることはないと思われます。
GoogleYoutubeのサービスごとなくすことも考えられますが・・・)

 

となると、どうやって生き残るのか、ですね。

 

そのポイントは1つ。

「あなたの動画に広告を載せたいと思いますか?」

 

ここをちゃんと押さえていれば、生き残れるのではないでしょうか。
(まあこれを守ると成立しないチャンネルが結構あるようですが)

 

広告を非表示にする