なんとなく生きる

日常のちょっとしたこと

文雅堂で赤かげラーメンを食す。味の感想など

最近は外出したらラーメン屋ばっかり行ってる気がしますが、

今回は「文雅堂」というラーメン屋さんに行ってみました。

食べログのページはこちら

 

以前に一度だけ行ったことがあるのですが、

なぜかタイミングが会わず、久しぶりの来店になります。

 

以前食べたのは普通の「ラーメン」というメニュー。

たしか、かなりあっさり風のラーメンだった記憶があります。

個人的に感想が普通だったのも足が遠のいていた理由かも。

 

さて、今回はどうせなら他のメニューを、

ということで、ラーメン以外のものにします。

 

ここのラーメンは、基本があっさりスープ。

これに追加してバリエーションを出してます。

 

伊賀牛ラーメンというちょっと高額なラーメンもあるのですが、

今回は「赤かげラーメン」にしました。

 

他にも、白かげラーメン、黒かげラーメンもあります。

伊賀市だけに忍者にかえてるのでしょう)

 

この赤かげラーメンは、赤というだけあって辛さが特徴で、

後をひく辛さ、だそうです。

 

珍しく昼の12時ちょっと前に行ったのですが、

またも本日最初の客に。

この店、もしかして流行ってない?と思ったら、

しばらくしてお客さんがぞろぞろとやってきました。

(さすがに昼時っすね・・・)

 

赤かげラーメンの味は?

さて、しばらくして注文したラーメンが出てきました。

f:id:koun0000:20170413203511j:plain

スープが真っ赤ですね。

具はネギに白菜が入ってます。

そして、チャーシューの代わりにひき肉が入ってます。

 

まずはスープから。

見た目真っ赤なので、かなり辛いのかと思いきや、

これが結構あっさりしていて、辛さはそれほどありません。

そして、後から山椒の辛味がやってきます。

 

これが後をひく辛さの正体なんでしょう。

結構不思議な味です。

クセになるといえばクセになるかも。

 

うわーめっちゃ辛い、というわけではなくて、じわじわ辛い感じです。

こういうラーメンは始めてっすね。

 

辛いのにあっさりというのは、珍しいです。

 

最近、ラーメンはこってり系が多いので、あっさり系は珍しいですね。

 

広告を非表示にする