なんとなく生きる

日常のちょっとしたこと

江戸流蕎麦 一恵でざる蕎麦を食べた感想

食べログをなにげなく見ていると、

新しくお蕎麦屋さんがオープンしていました。

 

オープンしたのは5月。

つい最近ですね。

 

場所も遠いけどギリギリ行けなくもないので、行ってみることにしました。

 

お店の名前は「江戸流蕎麦 一恵」という名前です。

tabelog.com

江戸流蕎麦??と思うところですが、まあまあ蕎麦好きなので興味ありますね。

 

めっちゃ道に迷う・・・

さて、いざお店へ・・・というところなのですが、

あんまり土地勘のない場所なのと、周辺に目立った建物がないので、

かなり迷いました。

 

というか、めっちゃ普通の住宅地の路地にあるんですよね。

そして、遠くからみてお店と分かるのかというと、全然そんなことがなくて、

どうみても普通の民家。

 

なので、近くについたものの結構迷いました。

(1回通りすぎたし・・・)

 

駐車場が3台分ぐらいあって、お店。

やっぱり民家にしか見えないですね。

 

11:30からオープンなのですが、着いたのは40分ぐらい。

でも表に「支度中」の看板が・・・。

 

え・・・まだ開いてない?

でも時間過ぎてるし・・・。

 

ということで店の扉(昔の民家の引き戸です)を開けてみると、

開かない・・・。

 

ああ、やっぱり閉まってる??

もうちょっと待つか、どうするか・・・。

他の店にするにも近くにお店なんてないし・・・。

 

と思ってたら、中から人が出てくる気配が。。

 

はい。店員さんでした。

扉が閉まってたんじゃなくて、単に固くて開きにくいだけなんだそうで・・・。

(しかも支度中も変えるの忘れてたらしい・・・)

 

店内の様子

さて、お店に入ります。

というか、民家です。

 

それも昭和の頃によくあった感じの民家。

でも古民家というほど古くもないぐらい。

 

靴を脱いでお店に入ります。

(民家ですので・・・)

 

内装はどうなってるのかというと、

お蕎麦だから和風なのかと思いきや、ちょっとしたカフェ風。

和風じゃないのね・・・。

 

メニューなど

さて、席についたら、お茶とおしぼりが出てきます。

あと、サービスで「蕎麦クッキー」が出てきました。

f:id:koun0000:20180529213431j:plain

 

蕎麦で作ったクッキーで、蕎麦の実?のようなものが入っています。

食べるとひかえめな甘さ。

食感は少し硬いかな?

まずまずです。

 

さて、メニューですね。

 

基本的な蕎麦のメニューと一品料理となってます。

(予約しておくとコースメニューみたいなのもあるようです)

 

蕎麦のメニューは、

基本の「ざる蕎麦」「かけそば」「やまかけ」とあり、

豚つけめん、鴨つけめん、というのもありました。

 

豚つけめんにオススメと書いてありますが、温かいメニューなのと、

蕎麦そのものを味わいたかったので、ざる蕎麦にしました。

 

そして、このお店の一番の特徴で、メニューが蕎麦の産地別になってるという点。

(在来種というらしい)

福島県の「会津在来」というものと、山形県の「出羽かおり」の2種類あります。

 

値段がちょっと違うので、蕎麦そのものの値段が違うんでしょうか。

 

・・・ていうか、蕎麦が産地別になってるお店って初めてですね。

それだけ蕎麦の実そのものにこだわってるということみたいです。

 

一品料理には、定番の「そばがき」の他に、このお店オリジナルの「蕎麦豆腐」というものがあります。

 

他にもいくつか一品料理がありますが、

会津在来のざる蕎麦(1000円)

蕎麦豆腐(300円)

を注文することにしました。

 

味の感想など

さて、まず出てきたのが「蕎麦豆腐」です。

f:id:koun0000:20180529213502j:plain

まずは豆腐をそのまま食べてみます。

 

豆腐と言っていますが、硬さはわりと硬めですね。

 

蕎麦豆腐ですが、あんまり強い味はしません。

かなりほのかな味ですね。

 

次はタレをつけてみます。

醤油かと思いましたが、これは蕎麦つゆですね。

 

味はなかなか。

蕎麦の感じはあんまり強くないですね。

かなり上品な食べ物です。

 

で、ついに本編のざる蕎麦がきました。

f:id:koun0000:20180529213720j:plain

ざる蕎麦だけ、サービスで「蕎麦の実ごはん」がついてきます。

 

左上は「たくあん」、薬味はネギ、わさび、の他に大根おろしもあります。

 

ではまず、蕎麦だけいただきます。

 

食べた感想としては、結構香りがありますね。

蕎麦の風味とか香りは結構あります。

 

次は、つゆをつけて食べます。

なかなか美味しいお蕎麦ですね。

 

蕎麦の風味がすごいあるのがいいです。

 

この辺にも蕎麦屋さんがいくつかありますが、蕎麦の風味はあんまり感じなかったんですよね。

 

やっぱり蕎麦の実そのものにこだわってるだけあって、蕎麦の感じはすごいあるなぁ・・・と。

 

次は「蕎麦の実ごはん」をいただきます。

 

・・・といっても、ご飯はあっても、ご飯のお供がない・・・。

蕎麦豆腐はほのかな味の食べ物なので、ご飯はすすまないし、

蕎麦でご飯はすすまないし・・・。

 

たくあんでご飯食べるか・・・という感じでしたが、

このご飯。結構美味しいです。

 

蕎麦の香りめっちゃしますね。

蕎麦の実も入ってるんですが、結構美味しいご飯。

 

これはご飯がすすむ一品と一緒に食べたいなぁ・・・。

そういう一品料理も注文しとくんだった。。

 

というところで完食。

かなり満足ですね。

(もうちょっと量を食べたかったけど・・・)

 

途中で蕎麦湯も出てきたので、蕎麦湯もいただきます。

 

これは、もう1つのほうの蕎麦の種類も気になりますねぇ。

どう違うのか、という点が気になります。

 

そして、この蕎麦の種類ですが、定期的に入れ替えるみたいですね。

 

6月は伝説の在来種、とか書いているし。

めっちゃ気になりますねぇ・・・。

 

ということで近々また来ることになりそうです。

 

広告を非表示にする